メインテートの処方目的-高血圧症の場合-

メインテートの処方目的として知られていますのは、本態性高血圧や発作性頻拍の予防、片頭痛発作の発症抑制などといった目的で処方されます。
この薬は、心臓の交感神経β受容体を止めてしまうことで、心臓の心拍が正常に戻り、血圧が戻る効果があります。
メインテートは、βブロッカーという系統に属している薬の1種で心臓に対して、特に高い効果が期待できるのが特徴です。
同様に、高血圧症の場合にも、メインテートは効果を示すので、狭心症や不整脈の方に対しても処方されるケースが多いです。
また、効果はあると知られながらも、専門医師の中に様子を見ながらと処方する場合がありますが、これは患者の心臓への負担軽減のためと言われています。
基本的に薬自体は、体外に尿として排出されるため、体の中に残るということはありません。
稀に、血液に残ることはありますが問題ありません。
メインテートの副作用については、服用した際は倦怠感やめまいなどといった症状が出てきます。
重大な副作用は失神や気管痙攣や呼吸困難、紫斑病などが起こることもありますので注意しておく必要があります。
さらに、急性の心不全を持っている方や、妊産婦や肝臓や腎臓などに病気を持っている方、高齢の方はあまり服用が推奨されていません。
服用する場合でも、慎重に投与する必要があります。
他の薬との併用については自己判断で決めるのではなく、事前に医師や薬剤師の指示を仰ぐ必要があります。
服用の量を勝手に減らしたり、服用を中止したりしてしまうと予期せぬ発作などといったことが起こる可能性があります。
そして、服用するにあたってめまいなどの症状が現れることがあるので、自動車の運転などは避けておく方が良いです。