高血圧症患者の9割は本態性高血圧症

高血圧症患者の9割が要因を特定することのできない本態性高血圧症です。
明らかな原因疾患がないという高血圧症です。
要因は特定できないのですが、遺伝的要因と環境的要因の組み合わせで発症すると考えられています。
つまり遺伝的に高血圧になりやすい人が、環境的要因(塩分の過剰摂取、カロリーの摂り過ぎ、運動不足、ストレス)で高血圧になるということです。
本態性高血圧症に対しては、従来のように血圧を薬で下げて基準内に抑えることを目標にするやり方から、他の病気にならないように管理する方向にシフトしています。
たとえば高血圧である場合、脳卒中の危険性が高くなります。
そのように他の病気のリスクが高くなるので、高血圧を管理し、他の病気の発症を抑えることが大切になります。

親が高血圧であれば、そうでない人よりも若いうちから高血圧になる危険が高くなります。
そこで環境を自分でコントロールすることが重要になります。
塩分を摂りすぎない、喫煙をしないなどの大前提のほかに、暴飲暴食をしない、太り過ぎない、適度な運動を習慣にすることが大切です。
またストレスも本態性高血圧症の環境要因になります。
ストレスをできるだけ避ける、あるいはストレスを発散する工夫をすることが大切です。