Try looking in the monthly archives. 2月 2015

本態性高血圧症の原因

高血圧といえば生活習慣病の一つとして大きな問題となっていますが、高血圧の人のほとんどが本態性高血圧症とされています。
高血圧は大きく分けると2つに分類され、二次性高血圧と本態性高血圧症があります。
二次性高血圧とは何らかの他の疾患などにより高血圧となっている状態で、腎臓や内分泌系、それに血管の疾患などがその原因とされています。
そして、高血圧と診断されている人のおよそ9割もの人は本態性高血圧症とされています。
これはあきらかな原因がわからない高血圧症で、いくつもの要因が重なることで発症すると考えられています。
その要因も大きく遺伝的素因と環境因子です。
他の人と同じように生活していても高血圧となる人とそうでない人がいます。
この場合、高血圧となっている人は遺伝的に高血圧になりやすい体質だと言えます。
勿論、遺伝だけで高血圧となるわけではなく、そこに環境因子が絡むことで高血圧となるのです。
環境因子とは、一般的に言われているのは塩分の摂り過ぎや肥満、飲酒や喫煙などです。
また、強いストレスなども高血圧となる環境因子と考えられています。
遺伝的素因に関してはどうすることも出来ませんが、環境因子の多くは自分の力で改善することが可能です。
高血圧で困っているという人は、まずは自分の生活における問題点を洗い出してみることから始めましょう。

本態性高血圧症に最適なメインテート

高血圧とは、最高血圧が140mmHgか最低血圧が90mmHg以上の場合のことを指しています。
そのうち、本態性高血圧症というものは高血圧の中でも90%もの割合を占める症状で、原因がはっきりしていない高血圧がこれに当たります。

原因がはっきりしていなくても高血圧が長く続く事で、動脈硬化や脳卒中などの疾患にも繋がるため、治療を受ける必要があります。

本態性高血圧症は、主にカロリーの高い食事や塩分の取りすぎ、運動不足や喫煙などの生活習慣や、肥満などの体質によるものの影響が大きいとされています。
治療にはまず、食事の改善や運動の推奨などの生活改善の指導が行なわれて、症状に合わせて薬物療法が用いられます。

本態性高血圧症に最適な降圧剤がメインテートです。
心臓の心拍数を安定させて血圧を下げる治療薬で、本態性高血圧症の軽度から中度の場合に用いられています。
穏やかに心臓に働きかけるので心臓への負担も軽く、高齢者の方にも向いている薬です。

生活習慣の改善と共に薬物療法を行なう事で、症状の改善を見込めて、血圧のコントロールが1年以上良好な場合には降圧剤の量を減らすことができたり、降圧剤の投与の必要がなくなる場合もあります。