Try looking in the monthly archives. 2月 2016

メインテート服用とフランスパンの断面図のような骨

現在、日本の中には高血圧の人は4,000万人もの人がいると言われています。人口の約3分の1は高血圧なのです。血圧が高くても自覚症状があまりないこともあり、そのまま放置している人も多いのですが、体の中では確実に変化しているのです。血圧をそのままにしておくと全身の血管に動脈硬化が起こるのです。それがもっと進んでいくと
脳や心臓の血管が破れたり、詰まったりして、脳出血や、脳梗塞や、心筋梗塞などのそれは重大な命に関わる病気になってしまうのです。そうならないためにもメインテートを服用して血圧の安定をはかるのです。高血圧と関係があるものでは他にフランスパンの断面図のように見える状態になる骨粗しょう症があります。フランスパンの断面図のように見える骨粗しょう症になる原因ともいえる1つがカルシウムが足りないからなのです。食事から摂取するカルシウムが不足すると骨から溶け出すのです。すると、余ったカルシウムが血管平滑筋という筋肉の中に入り込み血管を収縮させて、結果的には血圧が上がってメインテートが必要になるような高血圧になるのです。メインテートを服用することになる高血圧の原因と言われよく知られている塩分の取り過ぎはカルシウムを尿中に排出する力を強めてカルシウム不足になり骨がフランスパンの断面図のようになってしまうのです。カルシウムは骨粗しょう症にもメインテートを服用する高血圧にも深い関わりをもっていて、それぞれの病気が影響し合って症状を進めていくのです。高血圧の改善は命を守っていくのにも骨を守っていくためにも大切なことになります。血圧が高いと言われたら食生活や運動の習慣を見直して、できるだけ早い改善をすることです。